速くなくとも漫遊走

とりあえずラン関係でふらふらと書き綴っています。

柳生街道 ~練習トレイルラン~

 今年の夏は大会の予定がないので走り込みをする事にしましたが、せっかくなので
トレイルを取り入れることに。


 そこで今回は『関西トレイルランニングコースガイド』から柳生街道コースを
選択しました。


 柳生街道コースは近鉄奈良駅~JR関西本線の笠置駅までの総行程距離25.7km
のコース。トレイルと言いながらも山の中よりは街中を走る事が多い。


 などと、ガイドブックで一通りの情報をいれたものの、直前に走るコースを決めた
せいで詳しく調べ切れず、ルートに関して不安を残したまま当日近鉄奈良駅に到着。


 それでも奈良駅で出発の準備をしているとふと観光案内パンフの中に今日走るコース
のハイキングマップが。お~のっけからラッキー。
 すっかり気分良くして駅で記念写真を撮っていざスタート!




 コースはまず鹿と観光客であふれる奈良公園の中を抜けてから、住宅街を抜けて
山道の滝坂の道に入ります。
 滝坂の道は江戸時代から使われている奈良から柳生の里をつなぐ道の一部です。
山道と言いながらきちんと整備されていて、途中に石地蔵や観音像などが置かれていて
歴史を感じさせます。




 が、結構急斜面。息が切れ切れで途中何度も休まないとなりません。おまけに分岐で
選択した「地獄谷石窟仏」見るためのコースがまた急で狭くて。トレイルランというより
単なる登山のような。しょっぱなから予想以上の体力消費です。


 なんとか登り切って、峠の茶屋の先で一服。そこからも山道は続きますが、ゆるやか
なアップダウンでゆっくりと進むことができやっとトレイルらしくなってきました。


 やがて一般道に出て最初の目的地。行程的には約半分となる円成寺に到着。
 バス停もあって下山してきた気分です。


 ここからはコースは滝坂の道から旧柳生街道へ名前を変えて、里山コースです。
地図で見ると右折左折を繰り返していて、地図無しではとても行けなさそうでしたが
ありがたいことに道標がわんさか。そして距離表示もありとてもありがたい限り。


 コースは田んぼの中や、家と家の間のはば1m位の道などなど、途中途中にお寺や
古墳があり、なかなかのオリエンテーリング。ここまで走ってきた疲労が無ければ
かなり楽しいです。



 やがて、再び山道に入り今日一でキツイ「阪原峠」は全く走れず歩いて越えると
柳生の里に入りました。


 柳生の武士が天狗と間違えて切ったとされる一刀石にたどり着いて小休止。ここまで
約20km走ってきて疲労もかなり溜まってきました。



 この先にも八坂神社や柳生の里のみどころなどもありましたが、もうさすがに疲れて
しまい、ここから先はゴールの笠置駅にまっすぐ向かいます。


 柳生杉、阿対の石仏を通り過ぎると柳生の里とはお別れです。ここから笠置駅までは
ずっと下りが続きます。やがて看板で笠置町(京都府)へようこその文字。
 感想(笠置町は京都府だったんだ。。)


 笠置の街中におりてグーグルマップを使って、温泉施設わかさぎの湯を確認して
ここで実質ゴール。



 写真を撮ったり、歩いたりしたので25kmほどの道ですが約4時間の行程。
予想以上にへとへとになりました。


 それでも最後はのどかな単線に揺られて帰路へ。いろいろとあった楽しい一日でした。


 



金剛山登山 ~トレイルランではないのですが~

 先月になりましたが、4月21日(土)に金剛山へ山登りにいってきました。


 CWX履いて、トレイルシューズにガーミン付けて、恰好は完全にラン仕様
ですが基本歩きです。


 9時過ぎに千早の登山口につくと駐車場は10数台の車が既に停まってました。
バスでも来れます。登り口は2つあってどちらから行っても途中で合流するのですが
今回は登りがキツイとのことなんだけど千早城址を通過するコースを選択。


 トレーニングの一環との気持ちも少しあってキツイコースにしたものの、いきなりの
強烈な石段が延々と続きぜぇぜぇとあっという間に息が切れます。
 15分位登って千早城址に到着。といってもお城らしいものは何もなし。だからと
いう訳でもなく歩き続けると一旦下ったとこでもう一本のコースと合流。


 ここまですれ違う人が少なかったですが、ここから人が増えました。明らかに
もう一つの楽なコースの方が人が多いようです。


 そのまま登り続けて5合目で一息。ウルトラマンとバルタン星人の石の置物が
お迎えしてくれました。



   ここまで約40分。結構なペースですが、休憩後も同じペースを保ち続けて30分後に
山頂広場に到着。
   コースタイム1時間40分でしたが、休憩込みで1時間10分で到着。走れたかも位の
距離でした。


   山頂付近は沢山の人がいます。金剛山は登山記録がもらえるので複数回登る人が
いるそうで、数百回登っている人の記録も!? 続けるってすごい。


  頂上付近には売店、広場、神社といろいろなものがあります。広場で眺望を楽しんだ
後、移動して葛城神社へ。
  実はこの葛城神社が金剛山の最高地点になります。知らない人が多いのか、そもそも
最高地点に興味が無いのかこちらは人が少ないです。



  湧出岳山頂というこちらも人が少ない一等三角点に立ち寄った後、下山は一の鳥居
から伏見峠を通るルートを選びますが、この間が有名なダイヤモンドトレイルコース
に重なります。


  コース上にはちょいちょいとダイヤモンドトレイルを示す標識が出てきています。
道は広くて走りやすそう。
  いつか挑戦したい。



  伏見峠からは尾根筋を外れて広い道をどんどん下り、バス通りを最後はあるいて
登山口までぐるっと一周。時間にして3時間20分。コースタイム的には4時間弱なので
やや短縮。歩くペースは速いけど、途中の展望台とかでのんびりした感じでした。


  距離はガーミンの歩数計算で約14km。トレーニングには物足りない感じですが、
まあ気持ちよく歩けたのでOK。次は走りましょう。



 

芦屋さくらファンラン2018 ~お花見とは…~

  4月8日に芦屋のさくらファンランに参加してきました。


  もともと今シーズンは先月の淀川寛平で終了の予定でしたが、会社の仲間が
複数参加するとの話に誘われて、お花見がてらと初出走を決めました。


   大会は「ファンラン」の名の通り、3km、10km、ハーフ の3つの距離の大会で、
ハーフは一般とマスターズの2区分でハーフのコースは芦屋中央公園を発着として
公園と周辺の歩道を中心に2周走るとてもアットホームな感じの大会です。


   JR芦屋駅から芦屋中央公園まで徒歩で約20分。途中で会社の先輩に会って話を
しながらなのであっという間に到着。


   公園のグラウンドで受付とTシャツの配布。Tシャツは緑色でなんとなく関平の
時と同じような色合いのような。
 (ふくらはぎ肉離れの嫌な記憶がよぎりますが、ここ1ヶ月じっくり休んだので
大丈夫と言い聞かせます。)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 川沿いの歩道脇にブルーシートを敷いたメンバーに合流。桜の樹の下の絶好の
ポジション! ではありますが肝心の桜は咲いてません。。
 全員走った後はそのままお花見の計画でしたが、今年は咲いたのも散ったのも
早くて葉桜見物になりそうです。


 天気は上々です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 会社のメンバーで走るのは 3kmファンラン4名 ハーフ一般1名
ハーフマスターズ社員4名+みわこさんを加えた5名の計10名



 最初のスタートは3km。スタートを見送ってからブルーシートの集合場所
で目の前を走るランナーから探しますが。人数多いΣ(・□・;)
 しかも3kmなのであっという間で見つけにくい。まだ来ないだろうと自分の
出走に備えておにぎり食べてたら一人見逃してしまった⤵


 それでも全員無事に完走。初ランのメンバーもきついきつい言いながらしっかりと
走れてました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 つづけて10kmのスタートですが、メンバーは誰も出ないので
ぼちぼちと準備します。
 そしていよいよハーフのスタート。一般と40歳以上のマスターズが
ありますが、最初はマスターズから。


 スタートエリアに移動。マスターズは1300名の参加と結構な人数ですので
申告タイム別にブロックが分かれています。
 自分のゼッケンよりは前でゴールしたい。


 緩い市民大会のイメージでしたが、「スタート前10秒間は静止してください」
と結構本格的な指示が。


 パン!とスタート。
 最初は公園の周囲道路ですが、意外と混まないです。
 1kmも走らずに折り返し。メンバー何人かとすれ違いで声をかけた後は川を渡って
そのまま川沿いを海に向かいます。ここは桜が咲いていれば相当きれいそう。
 川向うに陣取った他のメンバーに手を振る余裕も見せてまずは淡々と。


 川沿いを南下して海に出た後は堤防沿いに東進、そしてヨットハーバー沿いに北上、
さらには住宅間の歩道を西進と変化に富んだコースです。
 が、ここまでまだ5kmも進んでいない!


 最初の川を交差するように橋をわたると公園内の道を進んで、再度南下してこんどは
大きな橋で海を渡って向こうの埋め立て地に。
 そして橋をぐるりとまわりこんでそのまま今来た橋を戻ります。


 なんと複雑なコース。(とても言葉で説明できない。)


 ここまで来て雨と風が。正面に見えるはずの六甲山が黒い雲に覆われる不穏な雲行き。
嵐にでもなりそうな嫌な予感が。さっきまでの青空が。。


 橋を渡った後はいったん北上したののち折り返して三度海沿いの堤防に出て東進。
そして最初の川に戻り北上してメンバーの待つエリアの前を通ってこれでやっと1週。


 なんとか雨は降らずにすんでまた晴れて来てくれましたが風は依然強くてなんとなく
追い風では飛ばし過ぎているような。
 2周目はがんばろうかと思っていながらもどうも後半に飛ばす自信が無く、ずるずる
と15km過ぎるとこまで。
 海向こうの埋め立て地で先行するみわ子さんを折り返しで見つけ、もしかすると
追いつけるかと思いスピードを上げてみるけど力は残ってませんでした。


 最後の1kmは何とかラストスパーート。


 タイムは1時間37分07秒。自己3位のまずまずのタイムでした。
 せっかくだったらもう一声速いタイム希望でしたが、怪我明けにしては上出来と
思うことにします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 最後は一般のハーフですが、スタートは12時50分でメンバーの参加は1名
だけなので、残ったメンバーはブルーシートでビールを開けることに。
 ほんとにごめんなさいと思いながらも止まりません。来年は無理してマスターズに
出るべしなどと厳しいことを言いながら、花見ならず目の前を通るランナーを
見守り、時々応援。


 緩い雰囲気。トップランナーの必死な走りとのギャップが。酔っぱらった人に
応援されてもねぇ。などというのも何となく正解なような。


 無事1時間45分ほどでゴールしたメンバーと合流して残ったビールとつまみを
空けてしまい解散となりました。


 みんなでわいわいと花見とラン。桜が満開なら、大会名のさくらファンランは
そのままな大会でした。