速く走れずとも楽しく漫遊走

とりあえずランニング周辺で何かしらつらつら書きたいです。

ランと肉

 3連休は台風もあって外出の予定がほぼなく、午前中走ってダラダラ過ごす日々。


 最終日くらいは長居で開催の「肉フェス」いくか!となって、せっかく長居に行くなら走るか!となって、長居ならやっぱり30kmいっとくか!


 となって結局、長居30km走ってから肉フェスの流れでプランが決まり9時半にラン開始。


 肉フェスは11時からとの事ですが既に一時間前から人が集まっているような。
そのまま列ができ始めた列は一周ごとに長くなってゆき、開始直前には距離表示で500mにも(愕)!



 今日はそれに加えて長居パークマラソンが開催されていて、長居公園は人が沢山。
 応援や給水所もあり、給水は無理でも応援は便乗で一緒に声援を貰えてなんかハッピー。


 ランの方は5分ちょいで刻んで行きますが、今日は気温が上がるので適度に給水休憩。3周目、3周目ときた後は、2周目、1周、1周、1周。。。


 終盤ばてました。


 それでもやっとこさ走り終えて、ランスポで着替えて肉フェス会場に再度移動。


 しかしながら9時半から約3時間かけてお腹はペコペコのはずなのに。。何だか疲れて食欲が今一つ。


 しかも肉フェス会場は、大混雑!


 それぞれの店に行列ができているならまだしも、お客さん多すぎて作り切れないのか「提供中止中で~す」の声があちこちで。(´・ω・`)


 疲労と中途半端な食欲で列に並ぶ元気も絞りだせず、結局何も買わずに会場を後に。


 それでもめちゃ体重が減っていたので公園内のお店でハンバーガーを食べて帰宅。


 夕飯はピザになりました。 メニュー名は「こだわりの肉バルクォーターズ」。


 ラン&肉の企画でしたが、肉はバーガーとピザ。尻すぼみ~。






吹田市アクアスロン

 北海道から帰ってきて1週間後の日曜。


 立て続けに吹田市トライアスロン・アクアスロン大会に参加です。


 この大会への参加はこれで3年連続3回目。
 プールで500m泳いで公園の中を2.8km走ります。


 泳ぐのが駄目の自分は昨年、おととしとプールから上がった時点でブービーだったので今年こそはのリベンジマッチ。
 奥さんのみわこさんは泳ぎも得意なので今回は3連覇がかかります。



 今回の成果は会社の人を二人巻き込んで参加させたこと。
 ランを含めイベント好きな先輩と、泳ぐのめちゃ速いNAHAマラソンランナーの後輩。
 二人ともアクアスロン初めてだから、ドキドキしている感が見ていて楽しい!(失礼)



 参加費はアクアスロンは500円! トライアスロンでも1000円。
 受付したらなんとTシャツ貰えた。


 赤字じゃないの。と思ったら主催の吹田市トライアスロン協会の設立30年で作ったものらしい。宣伝してくれとの事なので写真を。



 紺地に金文字がかっこいい。


 腕に番号を書いてもらい、ユニフォームをプールわきのスペースに設置したらいよいよスタート準備完了です。ことしは123番。



 時間別スタートなので前の組をみると、小学1~2年生の組も。
 腕に浮き輪をつけてる子はまだかわいいけど、5~6年の組になるともう負けそうな気が。。。


 プールに入っていよいよスタート。泳ぎに地震が無い人は最後尾スタートで。この辺は自己申告。プール内からスタートなので飛び込みません。


 パフ~とそれっぽいのかそうでないのかわからない独特の音でスタート!
 50メートルプール内に設置のブイの外側をぐるぐると4周しますが、混雑して泳ぎにくい。遅いのでお先にどうぞという気持ちは伝わらず、体ぶつけられたり叩かれたり。⤵


 次々抜かれるうちいつの間にか周回遅れになって、水はがばがば飲みながらも去年よりはきっと頑張ってると言い聞かせ、最後は何度もプール内で立ち上がって(足が付く深さなので)一休みしては勢いつけて泳いでくる人とのデッドヒート?。


 なんとからふらふらと泳ぎ終えてプールから上がったら体がよろけました。(酸欠ぎみだ。)


 上からTシャツ着て、裸足に靴を履いて、ランをスタート。
 何気に上り下りばかりのコースで息が全く落ち着かない。こんなにぜいぜい言いながら走るのはかなり久しぶり。


 知り合いを2名呼んだ効果で周回コースで折り返しのたびに声をかけて気を紛らしながら、やっとこさゴール。一人くらいはランで抜けた。


 終わってみたらわずか26分ほどのレースでしたが、ものすごく疲れた。
 でも何とも言えない楽しさが。小学生から70代の人までトライアスロン人口少ないけど幅広くて面白い。


 結果は数日後でしたが、スイムは去年を1分ほど上回り自己申告だけどリベンジ達成!
ランは去年より4秒遅い! 


 500mのスイムで1分縮まるのってどれだけ去年が遅いんだって感じですが。ランでももう少し頑張らねば。


 Tシャツのお返しではありませんが、楽しいから来年も出たい。


 




北海道マラソン ~結~

 だらだらと続きすぎましたの道マラ記事ですが今回で終わりにします。


 すっかり撃沈状態のまま、やっとこさ楽しみにしていた北海道大学校内。
 海外の公園の中に校舎が建っているようないい雰囲気です。


 構内では道幅も狭めで、道の両側に学生さんだけでなく一般の方々の応援が近くで連なり花道のようです。夏場での広がる木陰の空気も気持ちよく、ホントこのエリアを颯爽と走れたら気持ちいいだろうなと思いながら、残念なペースで走り抜けました。


 大学構内を出た後は残り1kmで北海道庁の敷地を抜けて赤煉瓦の庁舎の前を抜けて大通公園へ。北海道マラソンは最初と最後が面白い。


 赤煉瓦前のの41.6km地点には最終関門が。のこり600mで関門って…。


 最後の角を曲がって大通公園北側の直線でゴールです。


 結果は4時間7分6秒。


 4時間は切っておきたいなとのクラーク博士に怒られそうな低い志にも届かない体たらく。原因は暑さや体調不良よりも結局練習不足。 でしょう。

 ゴール後にタオルとメダルをいただくと、毎度のことながら走り切れなかった悔しさよりも満足感に満たされます。
 荷物預け付近に行ってこれまた最近毎度のように先にゴールして着替えを済ませたみわこさんと合流しますが、今回は帰りの飛行機の時間があるので、自分自身は着替えることもなくそのままいそいそと風呂を目指して公園を後に。


 当初予定の近くのコナミスポーツがなんと日曜休み(リサーチ不足)だったため、少し離れた極楽湯まで更に歩いて何とか風呂をget。


 着替えてから札幌駅までタクシー飛ばして、JRで空港まで。電車座れないのが予想外だけど、考えてみたら日曜の午後だし。


 空港でお土産物色&2度目のアイスクリーム&ビールと休むなく課題をクリアして、アフターのジンギスカン惜しかったなと思いながら慌ただしく機上の人々に。

 まだまだやりたいこともありましたが、それでもとっても色々と詰め込まれた北海道の2日間でした。

 つぎは10月、滋賀のあざいお市 と富山マラソンです。