速く走れずとも楽しく漫遊走

とりあえずランニング周辺で何かしらつらつら書きたいです。

とくしまマラソン その2

  天気は適度に曇り。やや寒めで風もほとんど無し。
 もしかして絶好のコンディション⁉
 雨が降りそうですが、予報では午後からとの事。しっかり走れれば間に合うでしょう。


  エントリーは3回目だけど走るのは今回が初めてと中々縁の薄かったとくしまマラソンがいよいよお待ちしてましたの気分です。
  県庁前の道路や駐車場、広場を使っての荷物受付や出走準備は意外と球場や競技場スタートより硬派な印象です。宿泊地から会場が近いから荷物預け時間ぎりぎりの45分前に現地入り。
  既にSブロックの人でスタート位置に着いている人がいます。早い!


  ここで昨日会った高松のサンサン会の皆さんと合流し、奥さん含めて全員Aブロックで一緒だったのでスタートまではわやわやと過ごすことができ、加えて昨日のダラダラもとい、リラックスした一日と合わせてスタートまでは緊張感無し。


  大会会長やゲストの皆さんの挨拶といったシンプルなセレモニー中も話をしていたので、あっという間にいよいよのスタート。


  スタート直後の道路は広めなのとウェーブスタートなので後ろから高速で追ってくる人もいなくて走りやすい。
  早々に大きい吉野大橋を渡って吉野川北側に入るとここからは川沿いの土手の上の道に。


  土手の上に出るとひたすらに吉野川を左手に見ながら川上に登ってゆく形ですが、印象としてはほぼ平らで全然登っている感じはしません。実にフラットなコースです。
  それでも序盤は1kmタイムが30秒近く上下する安定しない状態で苦労しました。


  ここ最近のフルマラソンでモットーは「レースは半分超えてからが本番」というものでしたが、今週はその他に「ラスト10km(32kmから先)を楽しむ」を加えました。
  今週はお仕事的に終日立ちっぱが多くて、あまり自信がなかったのも加わって前半はとにかく抑えてゆくことにしました。


   抑えて走る分興味をいろいろなところに向けることにしますと、さっそくやってきた最初の給食。甘酒。常温でした。あまり馴染みがなくて不思議な感じです。次にやってきたのはピカチュウの応援。THさんでした。鳴子の音とみきゃんTシャツの方を応援する声で気づきました。ありがとうございます。
  20km近くでは野口みずきさんとハイタッチ。初めてです。嬉しい。そしてスーパーキョーエイさんのエイドコーナー。シャウエッセンのソーセージ。こちらは茹でたてでホカホカ(❤)


  ペースもなんとか5分前後で安定してきたなか、20kmを過ぎて一旦川沿いを離れてからいよいよ折り返し。西城大橋で二度目の吉野川横断です。
  ほぼフラットなコースの中で唯一とも思える長い上り坂で近くのランナーが「これは大変だ」とつぶやく中、「いえいえ愛媛の坂や服部緑地はもっと大変ですよ」と一人密かに悦に入ります。


  兎にも角にも折り返していよいよレースは吉野川南岸をくだる後半へ。








 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。