速く走れずとも楽しく漫遊走

とりあえずランニング周辺で何かしらつらつら書きたいです。

北海道マラソン ~起~

 やってきました道マラ当日。


 懸念されていた天気は予報では晴れ時々曇り。最高気温25℃。
 まあ熱いだろうけど近畿地方に比べれば上々。 と思うことにします。


 できるだけ歩きたくないのでホテルからは昨日に続きタクシーですが、ホテルのカウンターでタクシーを呼んでいるランナーを見かけたみわこさんが運賃節約のため交渉し、首尾よく相乗りで会場に向かいました。


 相乗りのランナーさんとも健闘を称えあい分かれてから、荷物置きのある3丁目ブロックについたところで事件が。。。


 着替えて荷物を預けようとしたところで


            短パンが無い! ( ゚Д゚)


 冷静になって思い返すとホテルの備え付けの椅子の上に今日の準備として置いていたことを思い出しました。
 アンダーやらスパッツは着込んでホテルを出たのですが、なんとなく短パンは後からにしてジーンズを上から履いてしまったのが原因で、哀れにも短パンはそのまま置き去りに。。


 一瞬アンダーウェアのバイオギアだけでそのまま行こうかとも思ったのですが、準備してきたティッシュやらアミノバイタルやらブドウ糖飴やらを入れるとこがありません。


 丸腰で走り切れる自信もないと考えていたときに、昨日のsvolmeの出店に売っているのではと思い出して、とにかく3丁目から出店のあった7丁目まで大混雑の中を速足で向かい何とか発見!


 急いで戻ってからホテルに電話して忘れ去れた短パンを回収してもらったり、昨日とは違う会社のランナー仲間とまたしても偶然遭遇して、ワイワイ話したり写真を撮ったりするうちにスタートブロックに向かう時間に。



 スタート直前に無駄な体力消耗と焦らされただけでなく、相乗りで節約したタクシーも消える追加出費までと予定外の事だらけと、久々の慌ただしいスタート直前でした。


 実は数日前からの原因不明の下痢に悩まされていたのが不安だったのですが、もうどうとでもなれと開き直れたのが唯一の好材料かも。



 予想以上に長くなったので続きます。


 








 






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。