速くなくとも漫遊走

とりあえずラン関係でふらふらと書き綴っています。

いびがわマラソン2017 ~秋晴と紅葉 その2~

 レース後半に入りました。


 揖斐川を逆側に渡ってここからはいよいよ下り! とはやる気持ちも
ありますが、「いやいやそんなに甘くない。絶対に罠があるよ。」と
自分に言い聞かせる事にします。


 実際のところ前半もアップダウンを繰り返しながらの登りだったので、後半も
同じようにアップダウンを繰り返しながら下ってゆく感じでした。


 後半に入ってぼそっと「お腹がすいたな」と思い浮かんだのでポケットに
入れてたゼリーを食べて味に顔をしかめていた直後に最初のフードエイド。
 まず、巻き寿司をゲットしてそこからゴールまでに、いなり寿司、コーラ、
和菓子と程よい距離で給食をいただきます。


 繰り返されるアップダウンにじわじわとひらめ筋が悲鳴を上げてきますが、
天気がよく気温も11月にしては高いはずなのに適度な日陰げと緑色がきれい
な川の景色のおかげでするすると30kmを通過。


 30km地点にはガイドブックにもあった通り大きな岸壁が。うわさに聞く
リアル30kmの壁! 次のレースから30km過ぎで撃沈したらこの壁を
イメージ。。。するのかな。


 距離的にはここからが毎回ばてるとこですが、適度に下りが増えて来てペースも
落ちず。人気が無くなると相変わらずの看板応援が気を紛らわせてくれます。


 「あなたは走る。私は走らない看板だから。」
 って何? これ応援?
       ・・・まあ脱力できたからいいか。


 37km付近からいよいよ平地に帰ってきました。川幅もおおきくなり
道は堤防の上に。


 お楽しみのスイーツエイドは39km付近!もうほんとの終盤きわきわです。
 ラストは結局いつも通りの苦しさの中でゴール。


 記録はグロス3時間44分43秒。十分!満足!
 しかも後半の方が速い。いわゆるネガティブスプリットってやつ達成。よくやった。



 着替え後、スタート前がバタバタ過ぎて会うことができなかった
あざいお市マラソンでご一緒させてもらったしょうじさんとも無事再会。
 よかったよかった。



 そしてシャトルバスとJR、新幹線、御堂筋線と乗り継いで帰宅。
なんだか近いような遠いようないびがわマラソン旅終了しました。


 自分の中で(特にランキングしてませんが)上位に来るいい大会だと
思いました。季節感とか雰囲気とか。漠然としか言えないのが何ですが


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 家につくと病み上がり切っていない奥さんと奈良マラソンの案内が
待っていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


30回大会記念メダル


帰りの揖斐駅で(こちらこそありがとうございます。)


フィニッシャータオルセンスいいかも















 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。