速くなくとも漫遊走

とりあえずラン関係でふらふらと書き綴っています。

高槻シティハーフマラソン2018 ~その2~

 高槻ハーフスタートします。


 グランドから出て最初は街中の狭い道を右に左に。ランナーの総数は4800人と
そこまで多くはありませんがさすがに混雑します。


 土手に上がるまでの細かいアップダウンを抜けて、土手まで来ると走り易い。
 更に過去2回のこの大会は、強風or雨の悪コンディションでしたが、今日は
天気も適度に曇りで風もなく気温も低くグッドコンディションです。


 最初から飛ばす予定でしたが、細かいアップダウンの際に脚を使った感覚と10数
メートル前を行くライバル妻のみわこさんの姿が見えるので逆に抑えねばという意識
が湧きます。


 それでも、スタートから5分を切り続け、平均は4分30~40秒ほどとなかなかの
快調。


 自宅から走って身に来たというK岡師匠の声援や、Tシャツに向かって会社名で
応援してくれる方の声を受けてしっかり進みます。


 異変を感じ始めたのは10km付近。折り返しの土手から降りる急坂を下った
あたりでふくらはぎに違和感が。
 痛い。。とても痛い。。。攣りそう。。 っていうか攣ってないかこれ。


 このままではゴールまで持たないと、13km付近で一度止まって脚をのばしたり
しますが治らず。むしろ止まってしまったので猶更痛い感じに。


 仕方なく、右ふくらはぎに負担をかけない走り方。でもそんなマニュアルは無い
ので足の付き方を変えたり、左脚だけ踏ん張ったりと試行錯誤しながらできるだけ
ペースを落とさないように。


 それでも4分30近かったペースは5分前後まで落ちてしまい、近くにいた人たちは
あっという間に前の方に消えてしまいました。


 15km手前ではK岡師匠に再度遭遇。「脚痛いんか」と声をかけて伴走してくれ
ちょっと助かります。 でも結構早いのでついて行くのがやっとでしたが(^^;


 なんとか残り5kmまでたどり着いて、なんとか2kmほどなら無理して走れるかも
としばらく我慢。


 毎年来てくれている応援の方々(着ぐるみや、オルゴールや、ギターetc)を
楽しむ余裕は無く、申し訳ないです。


 最後の橋を超えて、街中に向かって何度目かの土手下りをしていよいよ残り2km
痛みはあったけど思い切って普通に走ってみたら何とかなる。
 街中で地面が平坦なのも良かったのかも。スピードを落とすより思い切って言った方が
よさそうなのでそのままゴールまで。


 会社の応援団もゴール前にいたのでそこだけ頑張ったみたいになったのはちょっと
気恥ずかしいですが。


 何とかゴール。1時間40分は微妙に切れませんでした。しかもゴール後は更に
ふくらはぎが痛い。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ゴール後は、THさん、サトさん、カブさんらのみなさんと一瞬だけ合流させて
もらい、会社の打ち上げへ。


 打ち上げ後も脚をを引きづり引きづりしながら帰宅の途に。


 痛いけどこれタダの攣った状態なのかな。
 参加賞と一緒にもらったお灸や帰り際に買ったテーピングやらをして明日まで
様子を見ることに。


 なったことないけど肉離れってどんな症状なんだろと不安を抱えて就寝することに
します。


 高槻ハーフ、応援・運営のみなさんありがとうございました。




タイムは不満足ですが最後まで頑張れたのは満足。



いただいたお灸を早速使います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。