速く走れずとも楽しく漫遊走

とりあえずランニング周辺で何かしらつらつら書きたいです。

考える

身体の機関の中で一番エネルギーを使うのは脳みそなんだそうです。

確かに四六時中動いているのでそうだと言われればそうなのかなとも思えます。


そしてエネルギーイコール酸素の消費と言う事になると、実は走ってる最中に考え事をすると、走るのに使いたい酸素が脳みその方に行ってしまい、エネルギーの効率が物凄くわるくなるんだとか。


そういえば私自身走るときは色々な事を考えたりしていました。結構仕事の事とかサッカーの事とか。


ひどい時は今日は「今日は何考えながら走ろうかな」なんて思いながら走り始めたりしました。


先の脳みその話しを聞いてからは考えるのやめよー。と思うのですが‥。


考えないのって難しいです。


走る事に集中すればいいのかと思っても、「今のペースで走ればキロ何分だからあとなんふんであそこまでつくな」とかまた余計なことで頭を使ったりで。


そんな感じで今日も12km走りましたが、今打っている文章を考えしまい。中々無心の境地には辿りつけません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。