速く走れずとも楽しく漫遊走

とりあえずランニング周辺で何かしらつらつら書きたいです。

”過去ラン”  ~その1 初フルatつくば~

 ブログをはじめようと思ったきっかけは、実際のところは色々とあるのですが。


 そのうちの一つはマラソンという、ランナーも応援も含めてとても大勢の
人達が苦しかったり大変だったりしながらも、何故だが楽しそうに参加している
一風変わった競技にせっかく混ぜてもらっているので、その時に感じた事や
感想を何か残したいなと思ったことだったりします。


(もともと文章を書くのが苦手なのに始めるきっかけをくれたのは友人方々ですが。)


 なので、ブログを始める前の以前に参加した大会について時々でも書いて
みたいなと思います。



 初めてフルマラソンに参加したのは2006年11月のつくばマラソンでした。


 ハーフには出場したことはあったのですが、その年の冬2007年2月に開催
される第一回の東京マラソンに当選したことから「先に一回フルマラソン出てみるか」
との力試してきな考えでした。


 申し込んだのはたしか1ヶ月前くらいでした。いまでは考えられない位あっさりと
抽選もクリック合戦も無く申込できました。


 当時住んでいた千葉からつくばエキスプレスを経由して一人っきりで。応援も
友人との待ち合わせも無く淡々と会場入って準備してスタートラインについて。


 作戦も心構えも今一つなかったので、いつもよりハーフをゆっくり走ってそれを
2回繰り返す。みたいな考えだったと思います。


 つくばマラソンはメイン会場の大学校内を発着で国道、バイパスのコースを
主に往復します。途中の工業団地内が道幅が広くて横にバーっと広がって走った
記憶が一番鮮明にあります。


 正直どのくらいで走るのが適当なのかわかっていなかったのですが、ハーフの
折り返しを過ぎたところではまだ元気だったものの胸の奥には「本当に大丈夫か」
という小さな暗雲がのぞき出しました。


 沿道の応援は最近のビッグ大会(東京や大阪)などと比べると決して多くは
なかったなとの印象でしたが、子供さんからあめやらお菓子屋らいただいた記憶は
あり、最近と変わらない温かい感じはそこかしこにありました。


 エイドは覚えているものは少ないのですが、お汁粉が30km近くにありました。
11月の大会でしたが、やたら寒かったのとゴージャス?なものを大会で初めて
いただいたので嬉しくってお代わりまでもらったのはよく覚えてます。


 実際の走りの方はこのお汁粉エリアに着く頃はすでに数回歩いている状態。
 さらにその先に進んでからはヒザの横の部分が痛くなり、しばらく歩いては
びっこ引きながら走るの繰り返し。


 走っててヒザの周辺が痛くなるのは(たぶん)生まれて初めての経験で
「なんだこれは。」って心の中で叫んでたのと、沿道の人の応援を恥ずかしい
気持ちで受けてました。


 最終的に4時間29分09秒のネットでゴール。
 撃沈なのですが、初めてのフルをなんとかゴールできた嬉しさの方が間違いなく
勝っていました。
 ただ、誰も周りに知り合いがいないので、ひとりムフフ(もしかするとニヤニヤ
としてたかも)と喜びながらいそいそと帰路についたものでした。


 その後、2007年(第27回)、2008年(第28回)と3度この大会に
参加しました。


 この記事を書くために当時のパンフレットを見るとこの回は無かったのですが
あとの2回には収容関門が設けられていました。
 26回と27回の間にあった東京マラソンのインパクトが大きかったのか、
27回では参加者も2000人増えてます。


 その後のつくばマラソンでのタイムは4時間12分22秒、3時間49分01秒
でした。マラソンブームの盛り上がりに合わせるようにタイムも伸びた自身の
マラソン人生の初期の忘れられない大会になりました。




 写真は27回の参加賞のトートバッグ

あざいお市マラソン (予定外の続き)

 あざいお市マラソンのハーフ折り返しました。


 ゆるゆると下ったあとは田んぼの中の道路に続きます。日差しは若干弱くなった
ような気がしますが、日陰も無いのでコンディションはやはり厳しい目。


 エイドさんで水を2つづつ貰って飲んで頭からかけて、夏のレースみたいだ。
学生の皆さん暑い中ありがとう。


 田んぼの中なので遠くまで見えるので米粒みたいに小さく先のランナーが
見えてしまい、気持ちが萎えそうです。


 タイムはずるずると落ちてゆき始めましたが、何とか残り2kmで盛り返して
競技場のトラックでラストスパートを絞り出してゴール。



 結果はグロスで1時間45分ちょうど。
 んータイム的にはいまいちだけどまあ頑張った。
 凄い喉の渇き。



 ゴール後にみんなと合流して、参加賞の長袖Tシャツとお米♪♪ をもらって
会場を後に。Tシャツと一緒にお灸のお試しセットも。珍しい。そして嬉しいもの
ばかり。


 運営も全体的にスムーズでストレスが無く、パンフレットに書いてあった27回目
の開催と全国ランニング100選に7年連続選定との記載を裏切らずさすがと
いった感じでした。



 会場を後にして、THさんの案内でお訪れたあねざわ温泉で汗を流してお土産の
豆大福を購入。




 さらにその後はメンバーを増やしてジョイフルで遅いランチ。疲れすぎて食欲
が無いという人が多い中、ハンバーグ2枚乗ったセット食べました。
 驚かれましたが、どうやら走るの弱くても胃袋は強かったようです。


 帰りは渋滞で時間がかかってしまいましたが、車の中では結構しょーもない話
が延々とつづきます。でもずっと運転してくれたTHさんのストレスを少しは和らげ
ることができたのでは。



 ご一緒させてもらいましたTHさんK師匠、奥さんありがとうございます。運営
の皆さんありがとうございます。
 朝の5時起から8時の帰宅まで一日たっぷりストレスなく遊べました。感謝m(_ _)m






あざいお市マラソン

 昨日、10月8日の連休の中日、「あざいお市マラソン」に参加しました。


 最初に アザイオイチ という名前を聞いた時の感想は 「??」 ドウイウ
イミデスカ? アザイオとイウ名ノ市デスカ? といった感じでしたが、冷静に
よくよくみてなるほど「浅井・お市」でしたか。


 織田信長の妹で浅井長政の正室で歴史の本にもよく出てくるお市の方。となると
浅井お市マラソンは、間寛平マラソンや谷川真理マラソンのように人名シリーズだった
のか。(いやでも浅井は地名か?でもよく見ると長浜市って入ってるし…。)


 つまらない疑問は置いといて、とにもかくにもラン友でブロガーののTHさんの
車に乗せていただき、そのラン師匠夫婦と一緒に大阪から凡そ1時間半の車旅で
滋賀県長浜市へ。



 会場は浅井文化スポーツ公園。(浅井はやっぱりは地名でした。)陸上競技トラック
を中心に据えた公園内で出店や更衣室etcが広がるよく見る光景。
 それでも開会式では吹奏楽の演奏やランニングポリス(警察官)?の紹介など
ちょっとだけ違うアットホームな雰囲気が漂います。




 わりと早く会場に着いたこともありハーフのスタート時間の10時半までトイレ行ったりストレッチしたり、うどん食べたり!?してゆったりと待ちました。


 今回のコンセプトは月末の富山マラソン(フル)、来月の揖斐川マラソン(フル)に
向けてのトレーニングが1つ、もう一つは久しぶりのハーフなのでスピード力強化で
最初から飛ばす!の2つ。


 直前まで師匠と話したままピストルが鳴り、緊迫感のないままスタート。

 1kmほど走ったところでさっそく思ったのは「暑い!」。これは先が思いやられる
予感が。。
 コースは山間の集落に沿った道路で、両側の山々はまだ秋の装いではありませんが
道路脇にはコスモスが咲いています。
 ランナーを撮ろうとコスモスの花の中に立ってるカメラマンの雰囲気がとても良く
むしろこちらが写真を撮ってあげたいくらい。



 というほどには景色を楽しむ余裕は実際のところはあまりなく、川沿いのゆるい
上り坂を日差しを避けるため日陰を求めてあえぎながらの前半。


 最初から飛ばすのコンセプトは気持ちは実践しつつも登りと暑さのせいか
タイム自体はろくに上がらず5分をちょっと切る程度。


 8km手前の橋で折り返してからやっとこさ下りにホッとしますがやっぱり
タイムは上がりません。というか疲れて来てスピードがあげられない。


 9km過ぎで師匠に抜かれると12km位で後姿が見えなくなり、うーっさすが
師匠。



 予想外に長くなってしまったので続きます。。