速くなくとも漫遊走

とりあえずラン関係でふらふらと書き綴っています。

奈良マラソン2017 ~冬空と坂と その3~

 レースはいよいよ後半になります。


 でもここから折り返しまではまだ5km以上も先まで行かなければいけないので
何となく後半に入った雰囲気からは程遠いです。
 コースも急こう配の下り坂。もう一度ここまで登ってくるかと思うと大変だ。


 高速道路を渡る白川大橋の景色は抜群ですが、そこから先は今日一番の急下り。
そしていよいよ天理市街に。


 独特の建物のある市街地を右に左に折れながらすすみます。さすがに市街地で
応援が一気に賑やかに。しかもこの辺も折り返し道でランナーが沢山すれ違い
一層華やかさが増してきます。


 25kmを過ぎていよいよと言うかやっとと言うか折り返し。ここからはもと
来た道を折り返して北上してゆくことになります。



 折り返してすぐに道は天理大の敷地内に入ってゆきました。そしてそこに
待っていたのは今日のコースで一番のお楽しみ給食。 ぜんざい^^♪
 Uターンのエリアの少し奥に設けられた給食所。タイムロスだけど止まるしか
ないでしょ。
 アツアツのぜんざい。お持ちの変わりはあられでした。冬のマラソンにぜんざい
は自分的には最高の組合せです。


 エネルギー充填して再度走り出すとき、器は捨てたのにスプーンだけ握り締めてました。なぜだ? 係の人に見られてしっかり笑われました。



 折り返して天理市の街中を終えると再びの山越えが待っていますが、その手前で
有森裕子さんがいてくれて気合いのハイタッチ! いいところにいてくれると思い
ました。 そういえば富山マラソンでも山場の新湊大橋の手前でハイタッチして
くれてました。 流石に気合いの入れどころをわかってらっしゃる。


 28kmからハイライトの登り開始。無理をして息を乱さない、顔を下に向けない、
そして自分は登りが好きだと言い聞かせて淡々と登ることに。
 今期は練習も本番も登り続きの影響か、極端なタイムロスもないまま無事登頂。


 登り切ったらその先はずっと。といかないのがこのコースの難しいところですが、
まずは大きく長い下り。飛ばし過ぎはだめだよと思いながらも解放感とスピードに
乗る気持ちよさと、帰りにもいてくれた清志郎の歌声に足が止まらず今日一番の
ラップ4分25秒/kg。でた!ここへ来て。


 そこからも次々に上りと下りを繰り返しながら北上します。今日はガーミンの
操作のせいか、スタートからの累計タイムがうまく表示されず、結果的にゴール
タイムを気にしなくてペースが安定してます。


 奈良公園を抜けて40kmあたりでやまちゃんさんに発見していただきました。
声援をもらって、最後のならでんフィールドへ向かう登りでみわこさんに見つけて
もらいます。


 ここでみわこさんなんと歩道を一緒に走り始めます。まるでマラソン中継で
ランナーの横を走る小学生のようですが、ちがうのは圧倒的に向こうの方が速い。


 しかも最終の登り、めっちゃきつい。顔下がる、腰曲がる、息乱れる。で
並走してくれますが、ついて行けずしごかれている気分。


 陸上競技場手前で選手と分かれますが、もうヘロヘロ。目の前10メートルに
見覚えのある黄色いTシャツ発見するも全く追い付くことなくゴールへ。


 記録は3時間40分30秒。グッドなタイムですが、40分切目前が気持ち悪い。
ぜんざい食べなければ切れたのだろうか。。


 噂通りのきついコースでした。いびがわマラソンの方が標高差はあるはずなのに
どうもこっちの方がきつい。スタートしていきなり下りだし、上り下りが容赦なく次々
襲ってくる。いびがわの方はだいたい前半のぼり後半下りでシンプルだけど奈良は
トリッキーだと思いました。


 なにはともあれ、天気も程よく楽しめました。
 沿道の応援の皆様方、スタッフの方々本当にありがとうございました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ラップタイム。前半と後半のタイム差が9秒。よしよし。



フィニッシャーメダル



結局、7500円のターサー我慢できず買ってしまった。



 



奈良マラソン2017 ~冬空と坂と その2~

 うす曇りの空に上がった花火とともに9:00奈良マラソンスタートしました。


 号砲後はしばらく全く動きませんでしたが、動き出すとすぐスタートライン。
今回の作戦も前半は抑えて抑えて。 でしたがいきなりの結構な下り。


 混雑で人も多くてなかなか走りずらい。と思っていると道路端をリュックを
背負って鐘をちり~んと鳴らしながら歩いている人。うわっと避けて何かしらの
巡礼の人が混じってしまったのかと思ってみたら、ちゃんとゼッケンをつけた
選手だった。 仮装でもなく理解しづらい。。


 坂の途中1km表示の真下で応援のみわこさん発見。奈良公園に向けて移動中。
今回はすんなり見つかった。


 坂を下り切ったところが近鉄奈良駅前。西に折れて平城京跡方面へ広い大宮通り
を引き続き、、下り? 傾斜はだいぶ緩いけどまだ降りるんかい。


 広い通り沿いで朝早くからブラスバンドやプラカードをもった応援の方々が多数。
紅白の演歌歌手ばりに高い筒状の足場のうえから「なら、なら♪」とマイクで唄う
歌手の方も。(きっと恒例なのかな。)


 ここは約4kmの折り返しコースエリア。先頭のランナーに先んじて現れたのは
ピンクのクラウンのオープンカーに乗った せんとくん! 神様の使いかと思いきや
結構派手好きらしい。


 5km折り返しでいつの間にか前にいたTHさんと遭遇。5分/km切ってます。
攻めてる! つられて徐々にペースも上がったのでお先に失礼させていただきます。


 再び近鉄奈良駅にやってくると、会場側から10kmランナーがコースに合流!
一気に人が増えました。
 でもまあ道が広いからこの演出も面白いかなと思っていたら、奈良公園に突入して
激混雑で愕き。 スピード差がありますが、係りの方が「10kmは左、フルは右側」
と叫んでくださるので何とか秩序は保たれています。
 ただ、ここら辺に居るはずのみわこさんは左側のはずですがとても左寄りには
移れないのできょろきょろしましたが今回は会えず。後で聞いたらやはり見つけられ
なかったとの事。


 公園をぬけると住宅街を南下。長い3km以上の直線がありますが、ここも緩やか
に上りか下り。ここまでほぼ全部坂道。


 直線を終えるとコースは東に折れてここからは住宅街も離れて畑風景。道は登り
ばかりになってきました。
 そして前の方をみると結構目線を上にあげたところをランナーが走っていていよ
いよの難所到来。


 気合入れるぞーと思っていると前方からは大音量の音楽。RCサクセションの
「雨上がりの夜空に」。 おーっいい選曲。よく見ると清志郎っぽい人もいる。
 どちらかというと歌詞は前向きでないけどハイな気分になれた。謝謝


 そして本格的に山登り。服部緑地並みの斜度と富山の新湊大橋並みの長さ。
(わかり難くてすみません)


 登り切った先で、かおりんさん他みなさん方(全員の名前書けずすみません)の
エイドを発見し愛想振ります。


 いよいよ半分を過ぎて後半に入りますが、コースはまだまだこの先で天理市に
降ってから折り返してゆきます。


 なかなか難しいコースセッティング。厳しいコースと言われるゆえんを感じつつ
その3に続きます。


 
 その頃の応援のみわこさんは奈良公園とグラムのパンケーキΣ(・□・;)




奈良マラソン2017 ~冬空と坂と その1~

 週間天気予報では怪しかった週末の天気も無事もってくれた日曜日。ですが
朝5時50分の電車に乗るために家を出たのはまだ暗い中で晴れてるのやら
曇ってるのやら。


 さすがに御堂筋線は空いていましたが、難波からの奈良行きの近鉄はきっと
混雑するんだろうなー。奈良まで立ちっぱは嫌だなー。
 と思っていたら難波駅に入ってきたのは始発の臨時快速! しっかり席を確保して
朝から幸先が良し。今日はなんかいい結果の予感。



 続いて奈良駅から会場の鴻ノ池パークまでは徒歩。
 いい時間についたから7時半までには楽々着くでしょと、思っていたら奈良女子大
辺りで大渋滞! えっいびがわマラソンの再来、ぎりぎり到着?
 無駄に焦ってストレス持ってくのは良くないので、まあ大丈夫でしょうと気に掛け
ないようにして、3回くらい待たないと渡れない信号も落ち着いて待ちます。
 この道の名前は「やすらぎの道」。


 信号待ちながら隣では今日は応援のみのみわこさんがなぜかランドセルのCM曲を
口ずさんでいる。
 「らららんランドセルは~♪」
 「何それ」 
 「走ってるとき、直前に聞いた曲が頭から離れないことあるよねー。今日はこの曲で
  走ってもらおうかと。」
 軽い妨害工作か。  「やすらぎの道」やすらがず。



 会場に到着。ならでんアリーナにえーかわさん、THさんらが居ると思われたので
すが、会場が男子更衣室で入ると着替えて出てこなければならないので、先にトイレ
に並ぶことに。


 トイレの列には不思議な現象。5台のトイレ毎に1本の列ができていますが、その
うちの一つが何も書いていないのに女性しか並んでいない。 どっからどう見ても
女性専用の文字は見当たらず、男女混合の列よりも明らかに短い列。
 でも並ぶ勇気が出ません。軽く睨まれたらそれだけで耐えられる自信が無いので。


 その後もずっと女性の方しか並んでませんでした。自然発生ルールですね。


 トイレ話長いですが、中に置いてあった予備のペーパーの包み紙にも奈良マラソン
のキャラが描かれてました。(写真撮りたかったけど変な姿勢でカメラ出すと
事故りそうなのでやめときました。)



 改めてアリーナに行って着替えに行きますがすでに知った人は誰もいませんでした。
まあ遅くなったからなと思い、着替えて外に出るとみわこさんもいませんでした。


 みわこさんを探しにあちこち歩き回ってもう一度アリーナに戻ったら出口近くに
立っているのを発見。ずっとそこにいたそうですがなぜか双方気づかなかったらしい。
 「裸足の人がいたよ。足冷たくないのかな」「いたいた、ちょうど目の前歩いてた」
 ・・・。二人そろって裸足の人の足を見ていたのですれ違いに気づかなかったようです。


 いよいよ整列。ランナー入り口には全員に防寒のビニールポンチョを配ってくれ
てます(嬉)。 しかもロゴ入り。この鹿のマークお気に入り。


 ランナー整列エリアは広々していてノンストレス。トイレまであり、ランナーに
優しいセッティング。
 Cブロック目指す途中でⅮブロックに並ぶTHさん発見。


 開会式はすぐ近くのはずなのに声のみ。有森裕子さんの気合のフォーはもはや
個人的におなじみ。
 注意事項では火事、事故、Jアラート発令!の際はレース中止にしますとの
アナウンス。(確かに。Jアラート・・・。実際にどうしたら良いのか。。)


 いよいよスタート。走る前がやたら長くなってしまったので続きはその2へ



いただいたビニールポンチョ着込んでいざ。


奈良駅のしかとせんとくん