速くなくとも漫遊走

とりあえずラン関係でふらふらと書き綴っています。

新潟シティマラソン2018 〜その2〜

新潟シティマラソン前半のポイント、新潟みなとトンネルは全長1.5kmもあり、しかも通り抜けた先で折り返すので2回走ら事になります。


まずは最深部まで緩やかな下りなので軽快に進めます。トンネル内は真っ暗というほどではありませんが、地面の凹凸は少し見づらいでしょうか。

でも沢山の足音の響きが強調された薄暗い空間はなんだか集中力が増したのか出口までの登りも快調でした。


トンネルを抜けるた先でこの日2回目の折り返し。折り返しではよく工事用のコーンの大きいのが置かれたりしますが、目印は「越乃寒梅」の一升瓶のかたちでした!


再度のトンネルを越えると、いよいよ半分終了。


ここからは海岸沿いの道が5km以上長々と続きます。

海が綺麗です。そしてその先には島!

大きさからして間違いなく佐渡ヶ島。


いいなぁと思いつつも景色はしばらくそのままなので、タイムを気にしないでのんびり行く事にします。

過去は単調な景色だと気が急いでしまって知らず知らずスピードを上げてしまっていたのでは。と思い今日は抑えて抑えて。


そして25km過ぎからは海岸を離れて松並木(多分松だったような)の長い往復コース。ここはきふくがあり気分転換に。沿道も両側に応援の方がいて賑やかに。


3度目の折り返しでみわこさんを発見。暑い〜と言って来た。

確かに10時半回って来たのとスタート時には雲が多かった空は青空が広がって気温が上がってきました。


30kmで松並道終了で今度は信濃川の堤防道に入ります。

よし、あといよいよ12kmと気合い入るのとは裏腹に徐々に疲労感が。

堤防道は日陰もなくこたえます。


この川沿いの道も35km地点には折り返しがあります。ちょうど往復2回通るところに高橋Qちゃんが応援ハイタッチ。

うまい具合に橋をくぐる短いトンネルの日陰に陣取っていて流石に応援を熟知されてます。


この辺の給食で待望の新潟名物笹団子発見。

レース終盤だから喉通りが悪くなってそうだと水も一緒に確保。

ほんとはお茶が嬉しいな、などと余計になこと考えて口に入れたらアクエリアスだった。

取り間違えた!


給食は事前の大会案内にはあまり書いてませんでしたが、他米菓ばかうけとか梨とかいいものありました。⤴︎



最後の折り返しは往きと帰りで堤防の上と下に分かれてしまうので見つからないかと思ってたけど無事みわこさん発見。


そして川を渡って反対岸に移りいよいよ残り5km。残り5km切ったらスピード上げるぞと思ってたのに息が続かない恐怖心から上げきれない。


気がついたら給水以外では止まって無いからよく頑張れてる。それでもラスト1kmはマックスのペースまで鞭入れて競技場へ。


アルビレックスのチアの方の応援を受けてゴール!

ネットで3時間45分05秒。

目標に微妙に届かず。このパターン多い。


二つの競技場をつないだ変化の多いコース。橋を何度も渡りながらもそれでいて高低差の少ないのは走りやすいと感じました。

ボランティア、応援の皆様に感謝です。

開会式で感じた「真面目」な印象は間違いではなかった。




ゴール後にはサトウ食品さんからの振る舞いお餅いただきました。



タオル他(トビ賞当たらず、無念)



ゴールの新潟市陸上競技場の聖火台は縄文土器先生でした。

新潟シティマラソン2018 〜その1〜

新潟駅からシャトルバスで約20分。スタート地点のビッグスワンに着いたのは朝靄の中でした。


サッカーのワールドカップ会場にもなったビックスワンは広くて綺麗なスタジアムです。


来るのはもちろん初めて。早速中に入れて感激。



昨年から参加者の要望が強くこのスタジアムがスタート地点になったとの事。

どうもサッカーの試合との兼ね合いでマラソンが月曜開催になったようです。


会場への輸送だけでなく会場周辺も広々してて全体的にスムーズ。おまけにトイレも全く並ばないといい事づくめ。

なんだか全体的にシンプルだと思ったら売店が無い。そうかお祭り感が足りないのか。

真面目というのがしっくりくる印象。


開会も大会会長、市長、スポンサーのサトウ食品社長とキチンとした挨拶が続きました。

市長や知事が自ら声を張って盛り上げる愛媛や高知と比べると真面目だ。いえ良い事です。嫌いじゃありません。



「日本記録を出した大迫選手になったつもりで頑張りましょう!」とのQちゃんの応援と新潟ご当地アイドルNegiccoの見送りを受けてトラックからスタジアム外に向かってスタート。


最初は街中心部に向かいます。ファンラン(とはいえ10kmもあるのは珍しい!)と同時スタートでしたが、ファンランのスタートブロック分けが絶妙なのか全くスピード差で走りにくい事がないです。スゴイ。

更にウェーブスタートまで導入していてキチンとしています。


街の中心部では昨日散策した万代町地区を通過。そして広い道路に出てたらすかさず、名所萬代橋。

広くて真っ直ぐの橋。渡るのは信濃川。気持ち高まります。

橋を渡ると一旦ファンランの方とはお別れしてフルはそのまま直進して最初の折り返し。


毎度のごとく先へ行くみわこさんとギリギリすれ違ってエール交換。調子良さそうだ。

今日の自分の目標はマイペース。前半は息が乱れないよう、キロラップがいくつでも動揺しないように。


10km手前で早くもウェーブスタートの後ろの組からスタートした人に抜かれる。ちょっと動揺。


それでも信濃川沿いに海へと向かう道は朱鷺メッセ、歴史博物館の旧館のような建物と見所が続いていい気分で走れます。


この先は前半のポイント、新潟みなとトンネルです。


その2へ続きます。




スタート会場の様子

新潟シティマラソン2018 〜新潟入り 食べてばっかり〜

新潟にやってきました。


16年金沢、17年富山と北陸シリーズと題した完結編。(少し大袈裟 ^ ^;)



初めて空路で向かう新潟への飛行機はランナーで溢れると思ってたのに、Hey!Say!JUMPのコンサートがあるらしく意外にも10代20代の女の子で埋まってました。



今回はは珍しく3連休の月曜日開催。

結果的に台風の影響を受けなかったけど、前日の屋外イベントは駅の構内でこじんまりとしたものに。



元々事前エントリーも無いので、早くもやる事が無くなりとりあえず新潟らしい物を探しに街中へ。


まずは昼食に名物B級グルメイタリアンを食す。>


お店は元祖と言われてる『みかづき』さん。


イタリアンはメニューの名前。こんな感じのものです。



あまり遠くまで行って疲れる訳にもいかず、かといって他に思いつかないので、あとは

(省略)ホテルチェックイン、てもみんでマッサージ、パンケーキ食べて、ステップでラン食買って終了。



明日は久しぶりですが目標は3時間45分切り。食べまくったけどあ〜不安だ