速く走れずとも楽しく漫遊走

とりあえずランニング周辺で何かしらつらつら書きたいです。

第三回暗峠王選手権参加。

早くも一昨日ですが、第三回暗峠王選手権に参加させていただきました。


筋肉痛が抜けません。


新石切駅から暗峠を超えて奈良県南生駒までの峠越え往復コースでしたが。少し舐めてかかっていたようです。。。


暗峠をくらがりとうげと読むのを当日知った位ですから間違いなく軽く考えていました。



新石切駅に集合した総勢22名のランナーは強者ばかり。


スタート前の和気あいあいの雰囲気のままスタートしたかと思えば、いきなりの急登!
あっという間に息が上がてしまい、「いやいや少し登れば緩くなるだろう」なんて予想はしっかり裏切られ、登れども登れども急坂ばかり。



たまらず歩きましたが、まだ1kmも進んでいない⤵
そもそも余りの急斜面に本当に走っていたのか、最初から歩いていたのかさえ自身がなくなるほど。


「走る」と「歩く」の境目が喪失しました。


ヘロヘロと峠に到着。当たり前ですが本当に大阪と奈良の境目なのですね。



エイドしてくださった、おぐらさんから命の水をいただき(謝)、いざ奈良側へ下り。




さすがに下りは楽でしたが、結構な灼熱。確かにもうすぐ11時だ。


奈良側の終着では山ちゃんさんに命のコーラ諸々いただき(謝)、再度上り返し。
これから上る場所が遠景にみえてぞっとしまいた。


登り返しの目標は「走り続ける」事にして、序盤のペースを落として入りました。でもやはり最後まで持たず、はっきりと歩きました。


いただきました写真です。
見事に腰が折れ曲がった酷いフォームです。




2度目の頂上はただただ座り込むしかありません。


再度、大阪に向かって急下り。
感想は「こんなとこ登ってきたの!?」です。車でもきつそうだけど一応国道なのですね。


毎度通り奥さんは先にゴールしましたが、さすがに強者の中ではパワー不足を感じていました。(そりゃそうだ)


最後は温泉と、楽しくがやがやランチで満足でした。



直前の参加表明にもかかわらず温かく迎えてくださった皆さんありがとうございました。


エイドしていただいた、おぐらさん、山ちゃんさん本当に助かりました。(泪)


大会教えていただきましたTHさんありがとうございます。


企画・主催いただいたやべっちさんお疲れ様でした。


本当にありがとうございます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。