速く走れずとも楽しく漫遊走

とりあえずランニング周辺で何かしらつらつら書きたいです。

北海道マラソン ~結~

 だらだらと続きすぎましたの道マラ記事ですが今回で終わりにします。


 すっかり撃沈状態のまま、やっとこさ楽しみにしていた北海道大学校内。
 海外の公園の中に校舎が建っているようないい雰囲気です。


 構内では道幅も狭めで、道の両側に学生さんだけでなく一般の方々の応援が近くで連なり花道のようです。夏場での広がる木陰の空気も気持ちよく、ホントこのエリアを颯爽と走れたら気持ちいいだろうなと思いながら、残念なペースで走り抜けました。


 大学構内を出た後は残り1kmで北海道庁の敷地を抜けて赤煉瓦の庁舎の前を抜けて大通公園へ。北海道マラソンは最初と最後が面白い。


 赤煉瓦前のの41.6km地点には最終関門が。のこり600mで関門って…。


 最後の角を曲がって大通公園北側の直線でゴールです。


 結果は4時間7分6秒。


 4時間は切っておきたいなとのクラーク博士に怒られそうな低い志にも届かない体たらく。原因は暑さや体調不良よりも結局練習不足。 でしょう。

 ゴール後にタオルとメダルをいただくと、毎度のことながら走り切れなかった悔しさよりも満足感に満たされます。
 荷物預け付近に行ってこれまた最近毎度のように先にゴールして着替えを済ませたみわこさんと合流しますが、今回は帰りの飛行機の時間があるので、自分自身は着替えることもなくそのままいそいそと風呂を目指して公園を後に。


 当初予定の近くのコナミスポーツがなんと日曜休み(リサーチ不足)だったため、少し離れた極楽湯まで更に歩いて何とか風呂をget。


 着替えてから札幌駅までタクシー飛ばして、JRで空港まで。電車座れないのが予想外だけど、考えてみたら日曜の午後だし。


 空港でお土産物色&2度目のアイスクリーム&ビールと休むなく課題をクリアして、アフターのジンギスカン惜しかったなと思いながら慌ただしく機上の人々に。

 まだまだやりたいこともありましたが、それでもとっても色々と詰め込まれた北海道の2日間でした。

 つぎは10月、滋賀のあざいお市 と富山マラソンです。 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。